専門講師を招いての就学前「プレ学習」

当園で、もっとも自信を持って取り組んでいるのが「プレ学習」です。現在、6つのカテゴリーがあります。それぞれに地域で活躍する専門講師を園へ招いて、就学前の大事な時期に、無理なく自然に学習の姿勢を育てていきます。

〜学習の内容〜
  • 期 間:1年間 / 月1回 / 1回の時間:約1時間
  • 対象クラス:4歳児
  • プレ学習に関わる特別な料金は不要です。
  • 教材は園で用意しています。材料費不要。
  • 平成26年6月〜和田先生
qb1
qb2
-姿勢を正し、話を聞く事-
皆、一生懸命で可愛いですね。対象が4歳のお子さんなので、空手を本格的にやるとか規律正しくとまではいかないでいいと思っています。まずは姿勢を正し、話が聞ければいいかな。話が聞ける子どもに、教えはどんどん入っていきますので。
今後子どもが色々な事を習う準備をしていると思い、指導にあたっています。

 

-だるまさんころんだ-
『だるまさんが転んだ』を今日は後半、やりました。このゲームの特徴として急いで動かなければならないので足を前後に大きく開きます。これは空手の基本動作につながるのです。
体を使ったゲームをきっかけに、覚えていってほしいです。

 

-体の動きと体の機能- 
すべての競技者の能力向上のためのトレーニングを普段はしています。この子たちがこれから小学校の体育から始まり、中学・高校の部活などで何かスポーツを本格的に始めた子どもが悩んだり、行き詰まった時、小さい頃あんな先生がいたなあ。と思い出してくれたらうれしいです。
最初の1歩、または3歩で決まるというのがスポーツの世界で、どう早く動かすかが重要になってきます。筋トレなどではたどり着けない域がありますので、機能、動かし方を知っていると強いと思います。

 

-子どもと関われるのは短い- 
親御さんは、日々お忙しいと思いますが、お子さんと関わりの持てる時期は本当に限られています。あっという間に大きくなって、振り返ると一緒にいた時期が短かったことに気づきます。
今以上に、お子さんと関わりの持てる生活リズムを持ってもらえるとうれしいと思います。